遺言書が2通あり、日付が先の遺言書に「これが最終の遺言であり、この遺言を撤回することはない」とあるり、日付が後の遺言書に「前回の遺言を撤回する」と書かれていた場合

人間の考えは、日々変化していくものです。
ましてやこれが、自身が命を落とした後、残されたものへの財産の相続と言う事になれば、折に触れて考え、悩み、その考え方が変化していったとしても全く不思議の無い事なのです。
しかし、この考えを遺言と言う形で残していたとすればどうでしょう。
相続人の一人が遺言の一つを、別の相続人が書き残された相続方法の異なる遺言を手にしていたとしたなら、更にはそのどちらもが遺言の形を整えたもので、こうてききかんによって認められたものであったとしたなら、その相続は相続人同士の間で揉め事が発生してしまう事は、火を見るより明らかな事なのです。
では、このような状況にあるように、複数枚の正式な遺言書が残されていたとしたなら、どちらのものに正当性が有ると言えるのでしょうか。
一般的には、日付の新しいものに正当性が有ると言えます。
これは、一度決定した遺言が、その後の考え方の変化によって改められ、新たな遺言を書き残した、と考えられるからです。
この事からも判るように、日付が先の遺言にどのような文言が書かれていたとしても、後に書き換えられ、まして、前言を撤回するとの言葉が書き込まれていたとするならば、考え方が変化した事は、誰の目にも明らかな事実となるので、日付が後のものが正当な遺言として認められることとなるのです。

コメントは受け付けていません。