遺言について知っておきたいこと

最初に把握しておかなければならないのは何のために作成するのかです。苦労して作成したにもかかわらず、それが元で相続がトラブルになるのなら、作成する意味はないでしょう。混乱させたいという目的がある人ならそれで良いですが、たいていは相続を円滑に進めることが目的ですから、それが実現されるような内容にするべきです。

それとともに戸籍をとって、誰が相続人なのかを把握することが必要です。養子をとった場合には、法的に養子縁組を行っているかどうか確認します。そして、財産についてもきちんと調査しなければなりません。資産についてはわかりやすいですが、ローンや連帯保証人になっているものなども調査することが必要です。

それとともに、相続人の遺留分についての配慮は必要です。特定の人だけにすべての財産を与えるといった内容の遺言を作成すると、法的な効力によってわけることになります。遺留分によって法的に争うことで、相続人同士のトラブルが大きくなることも想定されます。また、作成されても執行されなければ意味がありませんから、場合によっては誰が執行するのかを書いておくことも必要です。できれば法律の専門家に依頼した方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。