相続について知っておきたいこと

遺産相続を行う場面では、基本とされる項目が予め用意されています。法律によって明確に定められている部分があるために、事前に基礎となる項目を知っておくことが必要になります。基本としては配偶者に財産が渡るように設定されています。しかし、養子を含めた子供がいる方の場合では、配偶者に2分の1、子供に2分の1として分けることが基本とされていることによって、配偶者の受け取りには変化がありませんが、子供の人数によって分ける部分が異なることになります。配偶者や子供などがいない方の場合では、基本的には直系が引き継ぐことになります。具体的には親等などが相当することになります。遺産に関してはプラスになる資産というものがメインとされており、例えば貯蓄している現金や、土地や建物などの不動産類、価値の持っている物品なども相当することになりますが、この点に関しては人によってはマイナスの遺産というものも存在しています。主に借金などを行っている方が対象とされているのですが、借金に関しても遺産として考えられているために、場合によっては親族が放棄を行うことによって不具合を解消させることができます。生前に継承人を確定するためには、遺言書を作成しておくことでトラブル回避を行うこともできます。

コメントは受け付けていません。