相続分を放棄した場合と相続放棄をした場合の違い

被相続人が亡くなった場合には、相続人が遺産を引き継ぐことができます。しかし何らかの理由や相続人同士の話し合いで相続しないことも選択できます。
相続を全くしない場合には相続放棄を選択します。相続放棄をすることによって全ての積極財産と消極財産の相続をしなくてもよくなります。特に負債である消極財産が多い場合によく相続放棄は選択されます。相続放棄は自分が相続したことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出る必要があります。
この相続放棄とよく混同される方法に相続分の放棄があります。
この方法は相続放棄とは違い、相続はするけれども財産はいらないというという意味合いがあります。相続人同士で行われている相続する財産の話し合いが、長期化するなどして面倒になった場合などにこの方法は選択されます。この方法では積極財産のみを放棄することになり、放棄した財産は他の相続人に割り振られますので、遺産分割をした場合と同様の効果があります。しかし消極財産に関しては相続し続けていることになっていますので注意する必要があります。
言葉としては2つの方法は似ていますが、内容は全く違いますので後にトラブルにならないようにしなければいけません。

コメントは受け付けていません。