公正証書遺言を撤回したり遺言の内容を変更するには、公正証書遺言でなければならないのか

熟慮の末に作成した遺言書であっても、人の心は移ろうものです。あとから遺言内容の一部を撤回・変更したいとか、あるいは全てを新しくしたいと考えるようになることもありえます。
こうなった時、自筆証書による遺言の場合は、手元にあれば変更点を追加したり破棄してしまって一から書き直すということで対応は可能です。
では、公正証書遺言を撤回したり遺言内容を変更したくなった場合はどうでしょうか。再び公正証書を作成しなければならないのでしょうか。たしかに、公証役場で遺言者が完成時に受け取っているのは正本と謄本のみで、原本は役場で厳重に保管されています。正本と謄本を破棄しただけでは当初の遺言は無効になりません。しかし遺言というものは、法的な書式さえ整っていれば本人のもっとも新しい意志が最優先されます。従って撤回や変更は、自筆証書、公正証書どちらでも可能です。注意点としては、例えば撤回の場合には新しい遺言書に「以前の遺言は撤回する」という内容の記述を入れなければなりません。
しかし自筆証書によって撤回・変更した場合は、相続人が家庭裁判所に検認してもらう必要がありますし、トラブルが発生することもありえます。再度手数料はかかりますが、引き続き公正証書による遺言を維持することのほうが賢明であると言えます。

コメントは受け付けていません。