遺産分割において注意する必要があること

故人の残された財産をどのように分けるかを相続人同士で話し合いをすることを遺産分割といいます。相続人は、基本的に故人の配偶者や子どもなどの血縁関係者が該当します。相続人の順番や分配方法などは、民法で詳細に決められています。この遺産相続での話合いを行うときには、いくつか注意しておくことがあります。それは、亡くなった人が遺言書を残していないかどうかの確認があります。遺産の取り分についての協議が終わっても、その後に遺言書が見つかった場合は、再度遺産分割をやり直すことになります。これは、法律で遺言書が亡くなった人の最終的な意思表示とみなされて、遺産分割協議よりも優先することになっているからです。遺言書が発見された場合、その遺言書が「自筆証書遺言」か「公正証書遺言」のどちらのものか確認します。そして、自筆証書遺言の場合は、必ず家庭裁判所に検認の手続きを行います。この検認の手続きをせずに遺言書を開封した場合は、過料を課せられることもあるので注意が必要です。公正証書遺言の場合は、この検認の手続きは行わなくても大丈夫です。遺言書を発見しても、それを隠したり、偽造をした場合は、相続人としての権利を失うことがあります。

コメントは受け付けていません。